戸籍に困っていませんか?自宅に居ながら原戸籍取り寄せと相続人の調査確定が完了できます
原戸籍と相続人の関係
原戸籍などの戸籍類
相続人とは
相続人はどう決まる?
相続人の範囲
戸籍上、あなた1人?
相続関係説明図とは
原戸籍等の取り方
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続人が未成年者の時
相続人が行方不明の時
借金が多い時の選択肢
相続放棄の仕方
当サイトご利用について
サイトマップ
当行政書士事務所概要
免責事項
特定商取引に関する法律に基づく表示
代行お申込みについて
お申込み前の注意事項
代行お申込みはこちら



  原戸籍の取り方

相続手続きに必要となる原戸籍の取り方については、2つの方法があります。

1つ目の方法は、預貯金や証券などの財産がある場合、まずそれらの金融機関全てに、相続手続きによる名義変更をする際に提出する原戸籍等の、原本を返してくれるかどうかを確認した上で、原戸籍等の原本が何部必要になるのかを把握してから、原戸籍等を取る方法があります。
この方法には、メリット (良い点) と デメリット (悪い点) があります。

メリットとしては
うまくいけば1回で必要な全ての原戸籍等を集められること


費用として、2つ目の方法と比べるとうまくいけば少し安くなること

デメリットとしては
もし、遺産分割の話し合いが決まらなかったり、時間がかかると、全ての戸籍謄本類が古くなり使えなくなり、結局取り直しになる可能性があること


結局、前もって把握していた必要部数に誤差が出てくる可能性があること


2つ目の方法は、とりあえず1部だけ全ての原戸籍等を集めておいて、遺産分割の話し合いがまとまる段階で、もし必要であれば、必要な部数を追加で取る方法があります。
この方法にも、メリット (いい点) と デメリット (悪い点) があります。

メリットとしては
遺産分割の話し合いが決まらなかったり、長期化しても使えなくなる戸籍謄本類の被害が少なく、必要な戸籍謄本類をどこで取れば良いのかが全てわかっているので、迅速な追加部数の取り寄せが可能であること


部数の誤差がなくなり、確実に必要な部数のみを取り寄せできること

デメリット
としては
取り寄せ作業が2回となり、取り寄せの郵送代や手間賃が少し多くかかること


当サイトでは、2つ目の原戸籍等の取り方をお勧めしております。


というのは、案外1部だけ取り寄せ、それをうまく使い回して足りるケースも多いからです。

原戸籍を簡単に取り寄せして、相続手続をスムーズに進めるその方法とは?
〜自宅に居ながら 原戸籍の取り寄せと、相続人の調査確定が完了!〜
原戸籍 トップへ

当サイトでは、国家資格者である行政書士が、亡くなった方の生れてから亡くなるまでの全ての原戸籍等 (戸籍謄本・原戸籍・除籍謄本・住民票または戸籍の附票の全て) の取り寄せ と 相続人の戸籍謄本類 取り寄せと、相続人の調査確定 を代行致します。


これら取り寄せした原戸籍等は、亡くなった方名義の

    銀行の預貯金

    郵便貯金

    不動産 (土地と建物)

    自動車

    株などの証券

  などのあらゆる相続人への名義変更にそのまま使える事はもちろんのこと、

    相続放棄などの手続きにもそのまま使えます。


当サイトの特長と致しまして、原戸籍の取り寄せ代行だけでなく、それらの調査によって、確定された相続人が一目でわかる相続関係説明図も同時作成し、ご送付致します。
【 当サイトの相続手続きに必要な原戸籍等取り寄せ
          と 相続人の調査確定の代行について 】


最終的にあなたにお届けするのは、下の の4つとなります。
 
亡くなった方の生れてから亡くなるまでの全ての原戸籍等
  ※戸籍謄本、原戸籍、除籍謄本、住民票又は戸籍の附票の全てです。

相続人の戸籍謄本類

お申込み時に、下のAまたはBコースのどちらかを選択いただけます。


Aコース  相続人全員の全ての戸籍謄本類
       ※あらゆる相続手続きに対応できます!
              又は
Bコース  あなたが指定する相続人の戸籍謄本類
※ここで言う全ての原戸籍等および戸籍謄本類とは、戸籍謄本、原戸籍、除籍謄本、住民票又は戸籍の附票を抜け目なく全てのことです。

相続関係説明図、※相続する人が一目でわかります。

相続人の一覧表 ※各相続人の法定取り分の目安も記載


 以上の4点をあなたの住所宛に、ゆうパックにてご送付致します。
料金と致しましては、

基本料金 29,800円 (税込) +
確定された相続人の数による後払い加算料金

                    + 取寄立替金 (役所の手数料・郵送代)

      とさせていただきますので、ぜひご利用下さい。
 確定された相続人の数による後払い加算料金と致しましては、

  相続人が3人以内であった場合  + 4,980円 (税込)

  4人〜6人であった場合       + 9,800円 (税込)

  7人〜8人であった場合      + 14,980円 (税込)

  9人〜10人であった場合    + 19,800円 (税込)

                とさせていただきます。


あなたが指定する相続人が3人以内の時は、相続人が3人以内であった場合と同じ後払い加算料金となります。4人〜6人の時は、相続人が4人〜6人であった場合と同じ後払い加算料金となります。7人以上も上記と同様に相当する加算料金となりますのでご注意下さい。
お申込みの前に、お申込み前の注意事項を必ずお読み下さい。


あなたは手間いらず、自宅に居ながら原戸籍等取り寄せが完了します!
相続手続に必要な 原戸籍等の取り寄せ と 相続人の調査確定 の代行




お申込み

取寄立替金の内、役所の手数料の目安は次の通りです。

 ・ 戸籍謄本              1通 450円

 ・ 原戸籍および除籍        1通 750円

 ・ 住民票(または戸籍の附票)  1通 350円

※全国の役所(市役所又は役場)によって多少(数百円)違いがあります。

通常、取寄立替金は平均約5000円〜1万円前後程度で済む場合がほとんどです。相続人の数と転籍の数によって変わります。

※郵送代というのは、本籍のある役所に、原戸籍などを交付してもらう為の書類を郵送して、役所から原戸籍などを返送してもらう為の郵送代 (調査した結果、転籍が多いほどこの郵送代も多くかかります。) と、お客様に取寄せした原戸籍等をお送りする送料をいいます。
※原戸籍は郵送で取寄せていますので、全国どちらからでもご依頼お申込み可能です。ただし、外国については取り寄せ取得できません。本籍は国内で変わらずに、以前、外国に住んでいた事がある程度なら、取り寄せ取得に問題ありません。
※取り寄せ立替金とは、原戸籍等の取り寄せの為に、役所(役場)での手数料や、郵送代(返信用も含む)として実際にかかった立替金です。
※依頼業務開始直後に、あなたの住所宛に郵送で、同意書 (当事務所が取り寄せした原戸籍等を相続手続き以外には使用しない旨の同意書です。) と 身分事項証明書提出のご案内を送付致しますので、その同意書に署名・捺印(みとめ印でOK)し、依頼者ご本人であることを確認する為、身分事項証明書 (運転免許証のコピー又は健康保険証のコピーなど)を、返信用封筒に入れて、ご返送下さい。返信用の封筒や切手などはこちらで準備し、同封してお送り致します。原戸籍などをお届けする段階までにご返送がない場合、お届けできない事態となりますので、ご注意下さい。大変お手数おかけ致しますが、探偵などによる悪質な調査利用を防ぐ目的と、個人情報保護の為ご協力お願い致します。


原戸籍を簡単に取り寄せして、相続手続をスムーズに進めるその方法とは?
〜自宅に居ながら 原戸籍の取り寄せと、相続人の調査確定が完了!〜
原戸籍 トップへ


ページ 内 容 一 覧
原戸籍と相続人の関係
原戸籍などの戸籍類相続人とは相続人はどう決まる?相続人の範囲戸籍上、相続人は本当に1人?相続関係説明図とは原戸籍等の取り方

実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ相続人が未成年者の時相続人が行方不明の時借金が多い時の選択肢相続放棄の仕方

当サイトご利用について
サイトマップ当行政書士事務所概要免責事項特定商取引に関する法律に基づく表示

原戸籍等の取り寄せと相続人の調査確定の代行 お申込みについて
お申込み前の注意事項郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法原戸籍の取り寄せと相続人の調査確定の代行 お申込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
原戸籍に困っていませんか?
Copyright (C) 2005 自宅に居ながら 原戸籍の取り寄せと、相続人の調査確定が完了ALLRightsReserved